最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2010.09.26

 韓国、日本を反面教師 中国の”資源武器化”警戒 レアアース、すべて中国から輸入 

カテゴリ 東シナ海 出典 産経新聞 9月26日 朝刊 
記事の概要
韓国各紙は25日、中国人船長の釈放について、日本が中国の外交攻勢に敗北したことを大々的に報じ、中国に対する警戒感をあらわにした。

韓国政府や外交専門家からは、日本の”屈服外交”を反面教師として、今後の政策に生かそうと注視している。

各紙は、日本が中国の圧力に屈した決め手として、ハイテク機器などの製造に欠かせないレアアース(希土類)の対日輸出措置を指摘する。

中央日報は、韓国が昨年2600トンのレアアースをすべて中国から輸入した事実を挙げ、「中国が輸出を制限する”資源武器化”戦略を取り、産業界も尻に火がついた」として、今回の事態は「人ごとではない」と強調した。

韓国は東シナ海にある離於島(中国名・蘇岩礁)をめぐり中国側と争っている。このため、今回の衝突事件を踏まえ、「あらかじめ段階的な対応策を準備するように韓国の外交官たちに注文したい」(中央日報)との論調が多い。

朝鮮日報も「強大国が資源を武器に経済報復に出るときだ」と題する社説で、「中国は国際社会で大国としての責任と役割には関心がなく、自国の利益だけに執着し影響力拡大だけにこだわっている」と非難。「こうした中国に、もまれて生きなければならない未来を、韓国はもっと切実に考えるべき時だ」と警鐘を鳴らしている。

東亜日報は「中国の強硬圧力に降伏した日本」と題した社説で、「大国主義と中華思想が強い中国が、経済力と外交力を背景に国際舞台で発言力を強めつつある現実は、われわれにもっと緊張しろという信号を送っている」と指摘。「国家間に力のない正義が通用することはほとんどない」と警告している。

また、韓国の外交専門家は、「韓国は今回、日本の対応を注視していた。独島(日本名。竹島)をめぐる領有権問題などに今後、応用できるからだ」としている。
コメント
中国がマラッカ海峡の軍事封鎖を警戒して、インド洋に面したミャンマーに軍港や港湾を建設し、地上に建設する石油パイプラインで中国・雲南省の昆明に中東やアフリカからの石油を送る計画がある。

そこまでして石油の安定確保を図る必要があるのかと考えたが、今回の衝突事件で中国が海上支配力に怯えていることがよくわかった。

まさに中国は形振りかまわず大国としての権益拡大に必死なのである。

今回の衝突事件で、日本が失ったものと、中国が失ったものを比較すると、中国が国際社会から「不信と警戒心」というマイナスイメージの打撃のほうがはるかに大きいと思う。

南シナ海で中国の対立するベトナム、マレーシア、フィリピンなどでは、中国の形振り構わない強硬外交に強い警戒心が全面に出てくると思う。

そして中国が決して忘れてはいけないことは、今回の衝突事件を最も喜んだのはアメリカであることだ。

それもアメリカ海軍である。

アメリカ海軍はイラク戦争から撤退し、アフガン戦争からも間もなく撤退することは確実だ。

どう猛な肉食獣のアメリカ海軍は、新たな敵(仮想敵)を求めて世界の海を探し回っている状態なのである。(ソマリアの海賊退治など米海軍の任務として軽すぎる)

クリントン国務長官がハノイでの演説(今年8月の記者会見)で「アメリカは南シナ海の自由な航行に強い関心を持っている」と表明した時、アメリカ海軍の次の標的は南シナ海の中国海軍に決めたと思った。

さらに今回の衝突事件で、クリント国務長官は「尖閣諸島は日米安保の対象範囲だ」と表明した。

アメリカ海軍は今回の衝突事件と中国の強硬な対応を受けて、南シナ海から東シナ海まで海域で海洋権益の確保という錦の御旗を得たことになる。

日本、韓国、東南アジアの各国が、中国への警戒心とアメリカのプレゼンスの期待を高まることになった。

これが今回の衝突事件で最も喜んだのはアメリカ(海軍)という構図になるというわけである。

中国が進出しているアフリカや中米でも、今回の衝突事件での中国外交を警戒し、「中国の属国化」を嫌う国が出てくると思う。

これが中国の失う大きなものである。

まさに大国としての責任と役割には関心がなく、自国の利益だけに執着する中国というイメージが強まることになる。

ともあれ、中国の軍事力に依存しない”資源武器化”戦略に備えた対応を日本も早急に行う必要がある。

今回の衝突事件で、親中の小沢元幹事長の復活する目はなくなった。これも中国がこれからの対日戦略で失った大きな果実である。



関連記事