最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2009.05.25

北朝鮮が地下核実験に成功…朝鮮中央通信

カテゴリ北朝鮮出典読売新聞 5月25日 電子版 
記事の概要
北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、「地下核実験を成功裏に実施した」と報じた。

 同通信は、「爆発力などにおいて、新しく高い段階で行われた。実験結果で、核兵器の威力をより高め、核技術を発展させる」としており、2006年の10月に行われた前回の核実験を上回る規模であることを示唆した。

コメント
まったく最近の北朝鮮のやることは混乱している。4月5日のテポドン2発射は人工衛星の打ち上げという中露を説得させる言葉があった。

しかし今回の核実験は中国やロシアばかりか、国際社会(国連・安保理)に挑戦する悪意しかない。

北朝鮮の集団指導体制(労働党、人民軍、金ファミリー)は互いに「腕比べ」の対抗段階に入った様だ。本格的な混乱が始まる。

今回は軍部が暴走した可能性がある。テポドン・ミサイル発射(労働党)、米国人記者2人の拘束(保衛部 ファミリー)、それに核実験(軍部)である。

確か中国の唐家旋氏は、06年10月の北朝鮮核実験で、2度目の核実験を行えば重大な制裁を行うと最後通牒したことがあった。それに対して金正日は「2度としません」と約束したという。そのことを6カ国協議の参加国に明かしている。

しかし今のところは、北朝鮮が本当に核実験をやったか不明である。廃鉱の地下に大量の爆薬を仕掛けて爆発させれば”地震”は起きる。確かに核実験と確認するには、地上にしみ出して大気中を浮遊する放射能物質(自然界に存在しない)を採取するしか方法はない。06年の時には米軍のWC−135C大気測定機が1週間後ぐらいに採取した。韓国も採取した。しかし日本は日本海で空自のT4練習機に採取器具をつけて飛行したが、放射能物質は採取できなかった。

独裁国家では優秀な官僚や指導者は育たない。独裁者に殺されるからである。今の北朝鮮の動きに独裁指導者(金正日)を失った混乱を感じる。



関連記事