最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.31

 CNN報道 IS合流のタジキスタン司令官、米の対テロ訓練受ける 昨年まで5回 

カテゴリ イスラム国 出典 朝日新聞 5月31日 朝刊 
記事の概要
過激派組織「イスラム国」(IS)への参加をネット上の動画で宣言した中央アジア・タジキスタンの治安警察司令官が、米政府が行った対テロ訓練に5回にわたって参加していたことが分かった。

CNNが29日に伝えた。

ISに合流したのはタジキスタン内務省所属のハリモフ司令官(40)。

CNNによると、米国務省はハリモフ司令官が2003年から昨年までに、米国とタジキスタン内で実施された五つの訓練コースに参加したことを確認した。

訓練は、テロ対策のため米国が友好国の部隊を対象に実施するもので、ハリモフ司令官は、戦術指揮や危機対応などの訓練を受けたという。

ハリモフ司令官はIS支配下で撮影されたとみられる動画の中で「私は米国へ3回行った。そこでイスラム教徒を殺すために兵士にどんな訓練をしているかを見た」と話し、遠方のトマトを銃で撃ち抜いて見せた。
コメント
まだイスラム国の指導者たちは、ハリモフ司令官がCIAのスパイでないかと疑っていると思う。

彼がネット動画で、本当は5回アメリカに行って訓練を受けたのに、3回と話したことに、何かのメッセージかと疑う可能性がある。

そのため、彼にはイスラム国が何回かのテストが行われる。その中には、CIA要員を捕えて彼に処刑させるようなことも考えられる。

もし本心でイスラム国に合流したなら、アメリカがトルコやイラク北部で行っているスンニ派住民に対する軍事訓練(戦術)の手の内を知る者として厄介な存在になる。




関連記事