最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.28

 安倍首相やじ「早く質問しろ」 抗議受け陳謝 衆院特別委 

カテゴリその他出典 時事通信 5月28日 電子版 
記事の概要
安倍晋三首相が28日の衆院平和安全法制特別委員会で、民主党の辻元清美氏の質疑中、席に着いたまま「早く質問しろよ」とやじを飛ばし、審議が紛糾する場面があった。民主党の抗議を受け、首相は陳謝した。

28日の審議では辻元氏ら民主党議員が、前日の審議で不適切な答弁があった中谷元防衛相に照準を合わせて追及。

この戦法が首相を刺激したとみられる。

首相はやじの後、「(辻元氏が)延々と自説を述べ、私に質問をしないというのは答弁をする機会を与えないということから言ったが、言葉が少し強かったとすれば、おわび申し上げたい」と述べた。

この日は、首相が積極的に答弁に立とうとする場面も目立った。

首相は、いら立った様子で「(答弁者の)指名権は(質問する)委員にはない。そのことをよく勉強した方がいい。委員長が議事進行を仕切る」とも語った。
コメント
このやり取りを、私は義母が入院している病院で、ラジオのイヤホーンで聞いていた。

テレビを見ている人は委員会の雰囲気がわかるだろうが、車などラジオで中継を聞いている人は驚くような言葉だった。

マイクが明瞭に安倍首相の「早く質問しろよ」と大きな声を出したのがわかったからだ。そのあと、「もう答弁はいりません」と辻本氏が発言したことも、一体、何が起きたのかと不安になった。

急いで病院から帰り、自宅のテレビで日本共産党の志位氏の質疑を見たが、安倍首相、中谷防衛相、岸田外相は、志位氏の質疑にヤジることなく神妙に応じていた。

国会での質疑は、テレビだけが生メディアではない。ラジオも生放送をしているので、音声だけの印象も心がけるべきと思った。

全体の質疑の印象については、与野党ともに軍事や戦場の現実を学ばず、机上の論理だけで議論をしているように思えた。これからは軍事や戦場のリアリティが机上の空論を吹き飛ばす。




関連記事