最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.22

 中谷防衛相 新安保法制 「隊員のリスク高まらぬ」 

カテゴリ自衛隊政策出典 時事通信 5月22日 電子版 
記事の概要
中谷元防衛相は22日の閣議後の記者会見で、安全保障関連法案で自衛隊の活動範囲が広がることに伴う隊員の危険性について「リスクが増大することはない」と明言した。

野党側は「リスクは飛躍的に高まる」(岡田克也民主党代表)と批判しており、法案審議で論点の一つとなりそう。

中谷氏は隊員の危険性が高まらない理由について、自衛隊の活動地域の安全を事前に確認するなど危険回避の措置を講じると説明。

また「(法整備で)日米同盟の抑止力は確実に高まり、抑止力で隊員の安全性も高まる」と強調した。
コメント
中谷氏に共通することだが、自衛隊側には安倍首相の新安保法制は、どうせ「大風呂敷」で出来もしないことをやるように吹いているだけ。

すでに自衛隊はやれることはやっているし、やれないことは新安保法制でも出来ないという認識があるからではないか。

新安保法制で防衛予算も増やさず、自衛官の定員も増員しなければ、やれるわけがないというのが中谷氏の考えではないか。

もし本当にやれば、自衛隊のリスクは避けられない。

抑止力というのは、言葉の案山子(かかし)ではない。訓練や装備など、現実の能力で決まることである。




関連記事