最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.18

 「オスプレイ飛行停止を」 防衛相、米司令官に情報要求 翁長沖縄知事 

カテゴリ沖縄問題 出典 時事通信 5月18日 電子版 
記事の概要
沖縄県の翁長雄志知事は18日午後、県庁で記者会見し、米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイがハワイで着陸に失敗したことを受け、沖縄に配備されている同型機24機に関し、事故原因が究明されるまで飛行を停止するよう米側に求める方針を明らかにした。

翁長氏は「県民の安心安全を守るという見地から、しっかりと対応したい」と強調した。

翁長氏は「米軍の運用に関しては、日本側は関わることができないというのが今までの日米地位協定上の日本の立場」と指摘。

その上で「こういった環境に置かれた上でのオスプレイの配備は、県民からすると到底容認できない」と配備反対の考えを改めて示した。


一方、中谷元防衛相は18日、在日米軍のアンジェレラ司令官と防衛省で会談。

今回の事故について、中谷氏が「地方自治体の関心が非常に高い。速やかな情報提供をお願いしたい」と述べ、アンジェレラ氏は「原因が分かり次第情報提供したい。安全な運用に心掛けたい」と応じた。 

会談後、中谷氏は記者団に、翁長氏がオスプレイの飛行停止を求めていることを問われ、「米軍に安全面で最大限の配慮をお願いしたい」と述べるにとどめた。

菅義偉官房長官は記者会見で、飛行時間など運用実績を説明した上で「オスプレイは安全だ」と強調した。
コメント
原因は人的原因(パイロットの操縦ミス)であって、機体の構造は問題ないというのが米軍の口実。

本当にそうなのか。こんな事故を防ぐことはできなったのか、正確な原因究明が求められる。

再度の、人的原因では納得できない。普天間や横田の市街地にオスプレイが墜落すれば、日米安保に致命的な打撃。




関連記事