最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.15

 処刑70人中60人が党幹部 金正恩体制で=韓国政府筋 

カテゴリ北朝鮮出典 韓国の聯合ニュース 5月15日 電子版 
記事の概要
韓国の政府筋は15日、北朝鮮で金正恩(キム・ジョンウン)体制発足後に処刑された幹部約70人中、約60人が朝鮮労働党所属だと伝えた。

残り約10人は軍と内閣の幹部という。

処刑された幹部のうち、党所属が多い理由は明らかになっていないが、背景には党幹部が持つ経済的利権がほかの幹部に比べて多いことがあるとの見方が出ている。

利権をめぐる対立が幹部の処刑の原因になる場合が多いだめだ。

韓国の情報機関・国家情報院は13日、北朝鮮の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)人民武力部長が銃殺されたとの情報を公開し、金正恩体制下で銃殺された幹部は2012年に3人、13年に約30人、14年に31人、今年は8人と明らかにした。
コメント
北朝鮮の内部事情を韓国の国家情報院は、北朝鮮の体制派の動きを把握しているようだ。

もう金正恩氏には、自ら死ぬか、誰からに殺されるか、二者択一しか残っていないようである。



関連記事