最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.14

 「戦争支援だ」「憲法守れ」 安保法案に500人抗議 首相官邸前 

カテゴリ安倍政権出典 時事通信 5月14日 電子版 
記事の概要
集団的自衛権の行使を可能にする新たな安全保障関連法案が閣議決定される14日、反対する市民らが東京・永田町の首相官邸前で抗議集会を開いた。

プラカードや横断幕を手に約500人(主催者発表)が集まり、「平和支援ではなく戦争支援法案だ」「首相は憲法を守れ」と声を張り上げた。

初めて集会に参加したという岡山市の団体職員西崎直人さん(50)は「海外で武力行使できるようにする法案に『平和』という言葉を盛り込むのは詭弁(きべん)だ」と憤慨。

東京都町田市の主婦北島あけみさん(66)は「法案は結局米国の戦争に加担するためのもの。絶対に憲法違反だ」と官邸の方角をにらんだ。

小学2年のとき空襲で家を失ったという茨城県取手市の無職花沢武志さん(77)は「戦争はこりごりで思い出したくもない。政府はその戦争をできる国にしようとしている」と訴える。

「若者にどう危機感を浸透させたらいいのか。戦争の経験を伝えていかなければ」と険しい表情を浮かべた。

川崎市から駆け付けた無職原田茂さん(67)は憲法が施行された1947年5月生まれ。「平和憲法とともに生きてきたが、根こそぎひっくり返されるとは夢にも思わなかった。為政者によるクーデターだ」と憤る。

八王子市の大学生安斎拓真さん(19)は「まだ選挙権がないので、こういう場で訴えるしかない。安倍晋三首相は積極的平和主義というが、自衛隊の海外派遣が平和につながるとは思えない」と首をかしげた。
コメント
私も自分が参加できる抗議行動に加われように真剣に考えている。

私がベトナム戦争に反対する運動に参加したのは、自分の同期生(自衛隊の少年工科学校)たちがベトナム戦争に派遣されるような危機感から。

同じような危機感を、今の安倍政権(与党)の戦争法案で強く感じている。

自衛隊員や家族も同じような危機感を持っていると思う。しかし自衛官は現職中は、一切の政治活動を禁じられている。自分の政治的な意見を表明できるのは来年の参院選しかない。

しかし、それでは遅すぎる。

戦争法案に反対するなら、堂々と主張し、正しく行動したいと思っている。

同期生との付き合いの中で、今の安倍政権(与党)の安保法制に反対という声を聞いたことはないが、賛成という意見もまったく聞かない。あえて沈黙しているとしか言いようがない。




関連記事