最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.11

 英軍救援ヘリ「大きすぎ」、ネパール入り拒否 オスプレイにも批判 

カテゴリその他出典 AFP時事 5月11日 電子版 
記事の概要
ネパール政府は10日、地震の救援活動のため派遣された英軍の大型輸送ヘリコプター「チヌーク」3機について、着陸の際に建物を破損させる恐れがあるとして入国を断ったことを明らかにした。

英軍のチヌーク3機は先週インド・ニューデリーに到着し、ネパール入りに向けて待機している。だが、ネパール外務省の報道官はAFPに対し、チヌークはカトマンズ渓谷に着陸するには大きすぎると説明した。

ネパール政府の専門家が、大型ヘリの巻き起こす風で家屋の窓ガラスが割れたり、屋根が吹き飛んだりする可能性に懸念を示したという。

大地震で甚大な被害が出ているネパールの被災地へは、既にインド、中国、米国が救援物資を届けるためヘリコプターを派遣している。

だが、米軍の大型輸送機オスプレイの派遣をめぐっては批判もあり、ネパールの山岳地帯には適さないとの指摘も専門家から出ている。

ネパールのメディアは、オスプレイが引き起こした下降気流によって被災地の村の建物の屋根が吹き飛んだと伝えた。

在ネパール米大使館の担当者は、AFPの取材に「屋根の破損がオスプレイによるものか、地震によるものか確認している。このようなトラブルはまれで、オスプレイによる破損と判明すれば補償する」と述べた。

ただ、ネパールの民間ヘリ会社に務めるオーストラリア人インストラクターは、チヌークもオスプレイもヒマラヤ一帯では「基本的に役にたたない」と指摘。

「砂漠など、離着陸のため広大な土地があれば機能するが、ヒマラヤに着陸するには巨大すぎる」「サッカー場ほどの広さの土地がなければ、人々を吹き飛ばしてしまう」とAFPに語っている。
コメント
阪神大地震の時に、倒壊した家屋に火が付き、長田地区が大火事になったとき、CH47・チヌークにバケットをつけ、山火事を消す要領で家屋の消化が出来ないかという議論が起きた。

そこで私の同期生のチヌークのパイロットに聞くと、「水量が多すぎて家屋の中にいる被災者を水死させる危険がある」と話した。

さらに冬期であり、水に濡れたことで体温低下が危険とも話した。

たしかニューヨークでは、セントラルパークに着陸しようとしたオスプレイが、イベント関連の施設を強風で吹き飛ばし、大きなニュースになったことがあった。

大規模災害の救難では、意外と、想像できないことがおこるようだ。




関連記事