最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.10

 宮古島への陸自配備を説明 防衛副大臣、11日訪問 防衛省 

カテゴリ沖縄問題 出典 時事通信 5月10日 電子版 
記事の概要
防衛省は10日、左藤章防衛副大臣が沖縄県宮古島市を11日午前に訪問すると発表した。

陸上自衛隊の部隊配備に関する計画を下地敏彦市長に説明し、協力を要請する。

同省は沖縄県・尖閣諸島周辺を含む東シナ海で活動を活発化させる中国を念頭に、南西諸島の防衛体制を強化するため、部隊約500人を宮古島に配備する方針だ。

また左藤氏は同日午後、沖縄県・石垣島も訪れ、中山義隆石垣市長に同島への陸自配備を検討する考えを伝える。
コメント
宮古島に宮古警備隊(約500名)を常駐させることはわかるが、石垣島に石垣島に石垣警備隊を常駐させるかどうか。

石垣島には有事派遣の形をとる場合もある。

石垣島は尖閣諸島に近く、中国軍に軍事的な対応させる可能性があるから、石垣島には自衛隊を常駐させたくないのが軍事常識。





関連記事