最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.10

 「辺野古に固執、禍根残す」 日米同盟 品格問う 

カテゴリ沖縄問題 出典 東京新聞 5月10日 電子版 
記事の概要
中谷元・防衛相と翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事による九日の会談は、日米両政府が四月の日米首脳会談などで名護市辺野古(へのこ)への新基地建設を再確認して以降、初となる政府と沖縄との対話。

翁長氏は中谷氏に不信感を隠さず、政府と沖縄の溝が深まった印象だ。

会談は約三十分間。

中谷氏は、海洋進出を強める中国に触れ「沖縄は安全保障上、大変重要な地域」と説明。

普天間飛行場のオスプレイに関し「できるだけ県外で訓練を実施できるようにしている」と、負担軽減を進める方針を強調した。

しかし、翁長氏は「辺野古が唯一の解決策という考えに日米両政府が固執すると、日米安保体制に大きな禍根を残す」と指摘。

「日米同盟はもっと品格がある、誇れるものであってほしい」と訴えた。

中谷氏が三月の記者会見で、対立が深くなるなら(翁長氏と)会っても意味がないと発言したことについて「高飛車な発言」とも批判した。

中谷氏は会談後、記者団に対し、既定方針通り今夏にも埋め立て工事に着手する考えを説明。

翁長氏は、岩礁破砕許可取り消しなどの可能性を記者団に聞かれ、否定しなかった。
コメント
中谷氏が普天間飛行場のオスプレイの飛行訓練を、県外で行うのは沖縄の負担軽減という言い訳は、すでに「ウソ」であることは誰でも知っている。

沖縄ではオスプレイの実戦的な飛行訓練はできないからである。

米空軍のオスプレイ(CV22)を嘉手納基地ではなく、横田基地に配備するのも同じ理由である。

昔は簡単に国民を騙すことができたが、今では国民の軍事知識が向上して、簡単なウソでは騙せなくなった。

中谷氏が翁長氏にどのように話すか関心を持っていたが、中国軍の脅威なら米軍の陸海空軍が担うことになる。短期間、局地的な任務を担う米海兵隊の任務ではない。

そのような基本的なことを中谷氏が知らない訳がない。中谷氏が翁長氏に語ったことで、安倍政権には沖縄県民ばかりか日本の国民に対しても、辺野古基地の必要性を説明できる考えを持っていないことを証明した。

在沖海兵隊は中国軍への抑止力にはならない。それを行うのは日米安保体制と自衛隊と米陸海空軍である。





関連記事