最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.07

 ソウル市が慰安婦像建立へ 「植民地支配解放70年」を記念…市庁前広場など候補地 

カテゴリ韓国出典 産経新聞 5月7日 電子版 共同配信 
記事の概要
韓国ソウル市は6日、日本の植民地支配解放70年の記念行事の一環として、旧日本軍による慰安婦の被害を象徴する像を年末までに建立すると発表した。

元慰安婦女性らを支援する団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)らと推進委員会をつくり、建立場所の選定を進めるという。

ソウル市庁前広場などが候補地に挙がっている。同市は8月12日に、市庁で元慰安婦女性も参加するイベントを開く方針。

一方、挺対協の尹美香常任代表は6日、挺対協と北朝鮮の「朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会」が、中国陝西省西安市で3、4両日に会合を開き、慰安婦問題への共同対処を協議したと明らかにした。

韓国政府は1日、南北の民間団体の交流活性化を支援すると表明しており、この方針を受け接触が実現した可能性がある。(共同)
コメント
韓国政府が後押しする「従軍慰安婦問題」は、反日政策というよりも、3年後の韓国大統領選の政策として活発化させているように思えた。

反日運動して日本に対抗することよりも、朝鮮半島(南北)でわかりやすい反日を強調することで、次期大統領で日本に融和的な候補者の立候補を防ぐ作戦である。

それは反日運動から、反米運動となり、民族団結として対北融和政策(支援など)を可能にする政治運動となる。

この構造を変えないかぎり、韓国が反日をやめることはない。たとえ中国と日本が関係を正常化せても、朴大統領は3年後の大統領選挙で自分の後継者に替えなければ自分が逮捕されるからである。

巧妙な北朝鮮の対南(韓国)工作であるように思う。

韓国政府は日本から観光客が来るよりも、反日攻勢を強めて3年後の大統領選挙に臨んでくる。




関連記事