最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.05.03

 憲法9条と自衛隊、安保法制で揺らぐ均衡 識者に聞く 

カテゴリ 福島原発事故 出典 朝日新聞 5月3日 電子版 
記事の概要
憲法9条と自衛隊。てんびんの両端で揺れ動くように保たれてきたバランスが、崩れようとしている。

安保法制が成立すれば、自衛隊の役割に格段の重みが加わるからだ。立場は違うが、そんな動きを憂えている、2人の学者に聞いた。

憲法記念日特集

桜美林大教授の加藤朗(あきら)さん(63)は国際政治が専門。かつては憲法を改正し、戦闘機を持つ自衛隊を「軍隊」と認めるよう訴えていた。そんな加藤さんが、戦争放棄を定めた9条に「救われた」という。

2012年夏、内戦の実情を知ろうとシリア入りした。首都ダマスカスの外れで、軍のヘリがロケットを発射するのを目撃した。

とっさにビデオカメラを構えた瞬間、秘密警察に捕まり、住宅街の「邸宅」に連れて行かれた。

地下の独房と雑居房に30人以上が捕らわれていた。取調室からは革のムチでたたく音と悲鳴。翌日に姿が消えている人もいた。

計4日間拘束され、何の説明もなく強制退去となった。

帰国すると防衛相経験のある小池百合子氏から「助かったのは日本人だったから」と言われた。アラブ諸国が、憲法9条を知っていたかどうかはわからない。

しかし、街中で出会う子どもさえ「ヒロシマ」「ナガサキ」と口にした。「戦争を避ける『平和大国ブランド』の重みを実感した」

中学生の時に海上自衛隊に体験入隊し、大学院を出た後は防衛研究所で15年間、研究生活を送った。

自衛隊の必要性は身にしみている。だからこそ思う。戦力不保持をうたう平和憲法と、実態として軍隊と変わらない自衛隊。「矛盾するような二つがあって、日本は70年もの間、戦争の被害者にも加害者にもならないで済んだ」
コメント
今夜は、娘の誕生日で「祝杯」です。死期を迎えた義母は心拍と呼吸、血圧が安定しています。点滴だけで1カ月を生き延びました。

生と死、何を行えばいいのでしょうか。



関連記事