最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.04.27

 自衛隊、中東・インド洋にも 安保法制、与党が実質合意 

カテゴリ安倍政権出典 時事通信 4月27日 電子版 
記事の概要
政府は27日、自民、公明両党による与党協議会で、新たな安全保障関連法案について、主な条文の「基本的考え方」を提示した。

周辺事態法改正後の自衛隊による米国など他国軍への後方支援の範囲に関し、「中東やインド洋も排除できない」と説明した。自公両党から異論は出なかった。

これを受け、両党は5月11日に安保法制全体について正式に合意する。

自公両党は27日、関連法案の主な条文で実質合意。同日の日米安全保障協議委員会(2プラス2)による防衛協力の指針(ガイドライン)再改定との「同時決着」を図った。

政府は今回の安保法制の整備で、現行の周辺事態法から「周辺」概念を削除して、地理的制約を撤廃する方針。

これを踏まえ、「基本的考え方」では「『わが国周辺の地域における』や『周辺事態』といった文言を用いない」と明記した。
コメント
公明党は本当に平和の党なのか。

安倍戦争法案に同調する政党ではないのか。




関連記事