最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2015.04.06

 菅官房長官 「粛々」表現は今後使わず 普天間移設問題で 「上から目線だ」批判受け 

カテゴリ沖縄問題 出典 産経新聞 4月6日 電子版 
記事の概要
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は6日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に関し「関係法令に基づいて適切に対応する方針に変わりはない」とした上で、これまで使ってきた「粛々と進める」という表現を今後は使用しないと明言した。

菅氏が沖縄県の翁長(おなが)雄志(たけし)知事と5日に会談した際、翁長氏が「粛々と進める」という表現に対して「上から目線だ」と不快感を示したことを受けた対応。

菅氏は記者会見で「不快な思いを与えたなら使うべきではない」と説明した。

一方、翁長氏との会談については「立場の違いが明らかになった。そうした違いを埋める話し合いは大事だ」として、対話を継続する考えを改めて強調。

翁長氏が安倍晋三首相との会談を求めたことに対しては「具体的にどのような要望か聞いていないので、話し合いの中で聞かせていただきたい」と語った。
コメント
ほんの数年前のことである。ラジオのトーク番組にお笑い系の人たちと「沖縄問題」をテーマに話した時、「普天間基地の周辺の人は、自分から基地周辺にやってきて、家を建てた人で、それが今になって米軍基地は危険だから出て行けと言っているのでしょう」と話すのを聞いた。

例えば、異臭が迷惑にならないようにと、人にいない山間部で「ブタ」を飼っていたら、周辺が都市開発で住宅が建ち、臭いから豚小屋に立ち退けといっているようなものという。・・・・そんな認識を持っていた。

普天間基地はもともとは住民が住んでいた場所で、米軍が銃剣で住民を追い払い、ブルドーザーで整地して米軍基地を作ったと説明したことがある。

戦後、沖縄では仕事も現金収入もなく、追い払われた人が米軍基地の仕事(雑用など)で食いつなぐしかない苦労を知らないのだ。

翁長知事が、「沖縄では住民が米軍基地建設を認めたことは一度ない」と菅官房長官に話したのはこのことである。

沖縄では、政府の基地賠償金の値段を上げるために、住民が反対運動をしている訳ではない。

このあたりの事情が分からないと、反対運動に影響されないで、政府は粛々と辺野古工事を進めるという言葉を使ったのだろう。

在沖海兵隊が中国軍侵攻の抑止力になるとか、政府の話はいい加減なものが多すぎる。

沖縄には、今でもまだまだ不要な米軍基地が多数存在している。地中の残留危険物質(重金属や化学物質)なの除去など、日本に返したくとも返せない場所もある。




関連記事