最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2014.10.04

 ノーベル平和賞予測、「憲法9条保持する日本国民」浮上 

カテゴリ国連 国際機関出典 朝日新聞 10月4日 朝刊 
記事の概要
10日にノルウェー・オスロで発表される2014年のノーベル平和賞の受賞予測に、「憲法9条を保持する日本国民」が浮上した。

受賞予測を毎年発表している民間研究機関、オスロ国際平和研究所(PRIO)が3日、ウェブサイト上の予測リストを更新し、それまで「欄外」だった「憲法9条」がトップに躍り出た。受賞への期待が高まりそうだ。

受賞予測リストは、@フランシスコ・ローマ法王Aエドワード・スノーデン氏B「ノーバヤ・ガゼータ」(ロシアの新聞)Cドニ・ムクウェゲ氏(コンゴ民主共和国の医師)Dマララ・ユスフザイ氏(パキスタン出身の女性の教育の権利提唱者)が挙がっていたが、3日付でリストが更新され、フランシスコ法王が「憲法9条」に差し替わった。

他の4候補は順位が入れ替わっただけだった。

PRIOのハープウィケン所長(52)は3日、朝日新聞の取材に応じ、「中立や不可侵、平和主義につながる原則を掲げる憲法9条は、軍事的な紛争解決が多用される昨今において重要にもかかわらず、十分に光が当てられていない。領土問題などアジアがはらむ将来の紛争のおそれについても注目されるべきだ」と話した。
コメント
その憲法9条を解釈変更と閣議決定で骨抜きにする集団的自衛権の行使容認を進める安倍政権には痛烈な批判になる。

その安倍政権では、自衛隊の役割で「周辺事態」から外し、世界規模で米軍を支援できる日米防衛指針の改定が図られている。(朝日新聞 10月4日 朝刊)。

安倍政権と日本版NSCは、どうしても自衛隊を米軍の戦争に派遣できる枠組みにして、自衛隊が集団的自衛権という旗を掲げて戦争が出来る国にしたいようだ。

このノーベル平和賞で憲法9条が受賞しないように、これから日本の外務省が必死の阻止活動を展開するだろう。

もし、日本の憲法9条がノーベル平和賞を受賞したら、授賞式には安倍首相に出席てもらおう。安倍首相は集団的自衛権行使容認で9条を骨抜きにしたが、9条には怖くて一切手を付けられなかった。憲法9条の凄さを世界で一番実感している人だから。まあ、東京都心に原発を作ろうという同じ発想。




関連記事