最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2014.08.04

 福島県知事選、与野党相乗りも 官房長官と自民選対委員長 

カテゴリ 福島原発事故 出典 日本経済新聞 8月4日 電子版 
記事の概要
菅義偉官房長官と自民党の河村建夫選挙対策委員長は4日、首相官邸で会談し、10月26日投開票の福島県知事選の候補者について、与野党相乗りも視野に入れて検討することで一致した。

会談後、河村氏は記者団に「福島は特別な地域だから党派を超えて一緒にやる必要があるのではないかとの思いでは私も官房長官も同じだった」と語った。

東日本大震災と福島第1原子力発電所の事故後、初めてとなる同知事選をめぐっては、現職の佐藤雄平知事が進退について明言していない。与党側は独自候補の擁立を模索していたが、調整は難航している。
コメント
福島の県知事選は原発の再稼働の賛否を問う選挙と思っていた。

与野党の党利党略だけが前に出てくると、日本のエネルギー問題を問う住民の意思が失われる。

電力会社の政治献金は失いたくないという政治家の論理なのか。





関連記事