最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

What's new

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2011.12.15

 イラク戦争終結宣言 「素晴らしい成果」 オバマ米大統領 

カテゴリオバマ政権出典 読売新聞 12月15日 電子版 
記事の概要
オバマ米大統領は14日、ノースカロライナ州フォート・ブラッグ陸軍基地で、年末にイラク駐留米軍が全面撤収するのを前に演説し、9年近くに及んだイラクでの軍事作戦と国家再建への支援について「素晴らしい成果だ」と述べ、米軍が果たした役割をたたえた。

大統領はイラクとの今後の関係について「新しいパートナー関係を築く」と宣言した。

ーーーーーーーーーーー
 読売新聞の電子版が更新されました。

 米大統領、イラク戦争終結宣言…戦死者に哀悼も

オバマ米大統領は14日、ノースカロライナ州のフォート・ブラッグ陸軍基地で演説し、「イラク戦争の終結」を宣言した。

大統領によると、現在、約5500人に減ったイラク駐留米軍が15日、バグダッドで解散式を行い、任務は正式完了する。これで、約8年9か月に及んだイラク戦争は幕を閉じる。

オバマ大統領は、「この数日間で最後の米軍部隊がイラクから出る。イラクでの米国の戦争は終結する」と表明した。

その上で、「我々は、国民によって選ばれた政府を持つ、独立し、安定し、自立した国家をイラクに残した。これは多大なる成果だ」と語る一方、「4500人近い米国人が犠牲となった」と指摘し、米兵と家族の「労苦と献身」をねぎらい、哀悼の意を示した。

イラク戦争の「勝利」は明言しなかった。
コメント
オバマ大統領が「素晴らし成果」と言ったのは、イラク国民が選挙で大統領や政治家を選ぶことができるようになったという意味である。

アメリカ軍はイラク戦争で約4500人の戦死者を出している。これは決して「素晴らし成果」ではない。

その戦死者の大多数はIED(簡易仕掛け爆弾)によるものである。自衛隊式にいえば”無線誘導式起爆式りゅう弾爆発物”ではないか。(?)

要するに155ミリりゅう弾砲弾の起爆装置を改造し、携帯電話や有線で起爆させる爆弾のことである。対戦車地雷と違って路面上部への爆風だけでなく、砲弾の破片を周囲にまき散らすこともできるし、多数の砲弾を連結して同時に爆発させ大きな威力を出すこともできる。

初期(約3ヶ月間)のイラク戦争で、アメリカ軍はバクダッドの包囲網を固めることができず、イラク軍の弾薬庫から大量の弾薬が反米勢力に流れたことが最大の原因である。

これはイラクの北部のトルコ国境から進軍予定だった米陸軍第4師団の作戦が失敗し、開戦後にスエズを抜け紅海からアラビア湾に進撃ルートを変更したことが、大量の砲弾を反米勢力に奪われる結果を招いた。

そのため、対テロ戦争で最大の効果を上げると期待された新設の米陸軍ストライカー旅団の戦果が予想外に悪かった。

ストライカー旅団の軽装甲が威力を増したIEDに脆弱だったからだ。これがアメリカ軍がイラク戦争で学んだ最高の教訓だと思う。

逆に、米軍の無人偵察機や無人攻撃機の効果は期待以上ではなかったか。アフガンでは誤認や誤爆が大問題になっているが、敵の大都市を絨毯(じゅうたん)爆撃で破壊することを思えば、米軍は多少の誤爆は確率上の過ちとして無視したのではないか。

これからアメリカは次の戦争の形として、エアー・アンド・シーバトル(空海攻撃戦略)を実施する。

これは陸上の小規模な敵勢力に対して、無人偵察機や無人攻撃機で対処し、大規模な敵勢力には空母や空中給油で飛来した攻撃機や爆撃機で精密誘導攻撃を行うというものである。空軍と海軍が共同する作戦。

そのためには最小限の米軍特殊部隊を偵察・誘導・他国軍の教育訓練に派遣するというものである。

もはや米陸軍が軍団規模で戦う敵は、世界にはいないという考えに基づいている。

そこで一番気になるのは、これからアメリカが東アフリカで実戦・実験する作戦である。すでに何度も書いたが、アメリカ軍はウガンダのエンテベ空港に指揮所を設置して、約100人の米陸軍特殊部隊(グリーンベレー)を投入して「神の抵抗軍」を相手に戦うことにした。

「神の抵抗軍」といっても地元の暴力団規模の集団で、人を殺すことを何とも思わない残忍な者たちだが、無線機はもちろん夜間暗視鏡も持っていない山賊である。

これを衛星回線で結ばれた無線機を使い、大草原で人の動きを赤外線やドプラーレーダーで探知するグリーンベレーが攻撃する。無人偵察機や無人攻撃機はもちろんだが、必要なら西インド洋やアラビア海に展開している米軍機が爆撃に飛来する。

戦場は南ソマリア、北ケニア、ウガンダ、南スーダンとなる。

まあ、はっきい言えば、アメリカ軍の実験にとって”神の抵抗軍”は生きた標的である。

アメリカでひとつの戦争終結宣言が行われた時、同時にアメリカでは次の戦争の実験や実戦が始まる。




関連記事