最新記事へリンク

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamiura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

Re:メールにお返事

日本や世界で現在進行形の最新の軍事情報を選別して、誰にでもわかるような文章で解説します。ホットな事件や紛争の背景や、将来の展開を予測したり、その問題の重要性を指摘します。J-rcomでは、日本で最も熱い軍事情報の発信基地にしたいと頑張ります。(1999年11月)

2010.05.25

 長魚雷は古い兵器ではありませんか 

届いたメール
初めて書き込みます、素人の考えなので軽く流して下さい。

「メールで情報と感想」で魚雷に関するやり取りを読ませてもらいました。

対艦ミサイルの発達で今は長魚雷は配備されなくなってきていると聞いています。魚雷と言えば短魚雷或いは誘導魚雷と考えてよいのではないでしょうか?

今回の事件のような小型の艦艇に長魚雷を近距離で使うとは思えませんし。


追伸、

最近ニュースを見るのに苦痛を感じます(沖縄の件です) なぜもっと毅然とアメリカと交渉しようとしないのでしょうか? 情けなくなってきましす、でも見届けないといけないのでしょうね。一人の有権者として。
コメント
私は長魚雷がまだまだ進化する兵器と思います。

バッテリー(電池)の発達で、まだまだ射程が延びて30キロ以上の目標を狙えるし、深深度の海中から突き上げるように攻撃すれば、対艦ミサイルのように機関砲などで迎撃されることも少なくなります。

さらに音響ホーミングに音紋識別機能を付ければ、特定の艦(例えば空母)だけ狙って攻撃することができます。(無人偵察機で目標を探知します)。

魚雷の250キロの炸薬(火薬)が船底で爆発すれば、甲板に250キロ爆弾が命中したより、はるかに大きな損傷を敵艦に与えることができます。

さらに航空機やミサイルで、目標の30キロ手前で海中に落とせば、あとは魚雷だけで慣性誘導と音響ホーミングして命中します。相手が魚雷の接近を探知して、機関やスクリューを停止させても、磁気近接信管が作動して爆発させることもできます。

実はこれらはすでに実用化されています。

中国の空母を恐れている人には”いい情報”だと思います。中国が莫大な出費をして空母を完成させた時、日本がそのような魚雷兵器をさりげなく公開すれば、平和でないなら中国の空母は危なくて日本近海には近づけなくなります。

最近の中国脅威論は幼稚なものが多くなりました。あの程度の脅威論なら中国に負けますね。

追伸
 鳩山政権に対しては同感です。普天間問題は日米安保体制を再構築するチャンスだったのに、また、昔の対米追随論です。政治って何なのか。そんなことを考えることが多くなりました。
BACK