最新記事へリンク

Main menu

Communication

所長
神浦元彰
軍事ジャーナリスト
Director
Kamimura Motoaki
Military Analyst

English Column of This Month!VOICE OF Mr.KAMIURA

オフ会の案内

2008年10月16日 第8回 オフライン講演会のお知らせ

テーマ・「なぜ長井さんは殺されたのか」(戦 争 報 道 の 現 状)

無 事 終 了 し ま し た

場所 ポレポレ坐1F 東京・東中野駅(JR総武線・都営大江戸線)
日時 2008年11月29日(土)  午後2時より
参加費  1000円 (ワンドリンク付き)
入場定員 約80名程度 (会場の関係)

 昨年の9月27日、ミャンマーの旧首都ヤンゴンで反政府デモを取材中のカメラマン長井健司さんが射殺されました。素足にサンダル履きの兵士に射殺される瞬間を撮影したVTRや、長井さんが路上に倒れた直後の写真が配信され、世界中で非人道的なミャンマー軍政に非難の声が高まりました。

 なぜ長井さんは殺されたのか。射殺したのはどのような兵士なのか。また、世界各地で起きている戦争はどのような人が取材し、報道されているのか。そこに潜む死に限りなく近い危険(リスク)とは何か。そのような現状を多くの現場関係者(ジャーナリスト)から聞いた話しと、私の体験をまじえてお話ししたいと思います。オフ会は3時間程度を予定しています。

オフ会にゲスト2人が参加します。

 オフ会にはゲストを2人を招きます。一人は11月17日(火)のNHK総合テレビで夜10時から放映したNHKスペシャル「イラク・刑務所虐待はなぜ起きた」を取材したディレクターの吉岡攻氏と、今も世界各地で取材を続ける元共同通信編集委員の新藤健一カメラマンです。二人とも今回の共同写真展のメンバーで、私とは40年近い付き合いがあります。この世界では歴戦のベテランの二人です。どんなお話しが聞けるか楽しみにご参加ください。

※ワシントンDCの第7回のオフ会以来、4年振りのオフ会です。今回は写真展+シンポジューム「写真眼 2008年 ーそれは沖縄復帰から始まったー」の会場を借りて、オフ会の開催です。特に事前申し込みや予約は必要ありません。しかし会場が狭いので、参加でできる人数に厳しい制限があります。また参加費は無料と考えていましたが、写真展主催者から運営費協力依頼で有料になってしまいました。ご了承ください。申し訳ありません。

ポレポレ坐(03−3227−1405)への行き方
JR東中野駅(総武線)の西改札口を出て、北側階段を降り、新宿方向に歩いて駅のそば。徒歩2分。
地下鉄 都営大江戸線の東中野駅のA1出口を出て、新宿方向に歩いて駅のそば。徒歩2分。

BACK